FIGHT CLUB

俺とオマエのFIGHT CLUB

恋愛、口説き

「自分から好きになれば相手からも好いてもらえる」という心理学の法則:“ 好意の返報性 ”を「恋愛」に持ち込んじゃうヤツはもれなくバカ。

「自分から好きになれば相手からも好いてもらえる」という心理学の法則:" 好意の返報性" をつかって女にアプローチする男はもれなくバカ。 ─── チョー煽り感が酷い(そして日本語もヒドイ)タイトルだけど、このブログじゃあいつもの通常運転だ。 今日もサ…

「めんどくさい女になること」こそ、オンナの進化戦略だ!─── 彼女たちはどうして、男にいっぱい手を焼かせたがるのか:前編

世の中にはめんどくさいオンナが多い。 ──男にとっては周知の事実だ。ほんとマジでめんどくさいオンナが多い。否、めんどくさいオンナしかいない。もし、面倒くさくないオンナを見つけたら?そいつぁ何らかの罠か、あるいはニューハーフかと疑うべきだ。 「…

「オンナ泣かせの悪い男」は、なぜこんなにも、腹立たしいほどモテるのか?(そしてなぜ、彼らは「悪い」ことになったのか?)

──「オンナ泣かせの悪い男」というものは、仮にも「悪いやつ」であるくせに、ムカつくくらい女からモテまくる。 それは思春期、青年期とフェーズを経る中で、男の誰もが身に染みて感じることではないだろうか。イケ好かない、悪どいオトコの掌中に、じぶんの…

「モテるからモテる」という自然現象:男も女もモテが欲しい

「なんであんな奴がモテるのか?」 ──そう思うすべてのキッズたちが、 まず知っておくべきことは「モテる」は自然現象 だってことだ。 誰かを好きになることに理由がないように(あるとしても後から考えたことだ)、オンナがあんな奴を好きになることにも特…

なぜ、男は「仕事が忙しい」と「彼女のLINEを放置する」ようにできているのか?──進化生物学から、心のメカニズムを解明する

なぜ、男は「仕事が忙しい」と彼女のLINEを放置するのか? と聞かれたら──その質問の意味をメタに何重にも大きく捉えた上での──そもそもの答えはこうだろう。 ──「人間が動物だから」。 「答えになっていない」と思うかもしれない。だけどこれ程までに、この…

オンナの「感情システム」をハックせよ──なぜ、あの子は「怖がる」のか?:ココロの取り扱い説明書(恐怖編)

"モテる男とは、女ゴコロをうまく操作し、扱える男である。" ──だから、モテたいすべての男は、ココロのメカニズムをオベンキョして、その仕組みを理解しておくべきだ。某ヤリチンカウンセラーのように「女の子の感情」にうまく“ 対処 ”する術を身につけて…

オンナの「感情システム」をハックせよ──すべての感情は生存とセックスの為にある:ココロの取り扱い説明書(序編)

モテる男とは、人間の"感情"にうまく対処できる男である。カウンセラーのヤリチン率は異常。 モテたい? ──ならば、女の子の感情に向き合い、その発露に対処して、うまくハッピーな方向に操作してあげることが重要だ。ヒトの「感情」のメカニズムを一通り…

なぜ「無害な男」はオンナと仲良くなるのは割と得意なのに、セックスには至れないのか

「無害系男子」というものが存在する。“人畜無害” のムガイ。「安心安全な男」とも言う。いまの日本男子のうちかなりの割合を占めてる奇行種だ。 んでまぁ、この「無害系男子」になれば誰でも手っ取り早く女の子と友達になれる。間違いなくオンナと仲良くな…

「マジメで誠実で正直な人」が非モテ化するのは、自らの欲求に対しては「不真面目で不誠実で不正直な人」だから。──副題:非モテを“地獄”に追い込むルサンチマンとニヒリズム──

語る内容はタイトルの通り。 みんな本当は女の子が大好きで大好きで仕方なくてめちゃくちゃドエロいセックスしたいくせに、「恋愛?そんなもんにうつつ抜かしてんの?(笑)くだらねぇw 世の中もっと大切なもんがあるだろw オンナとか性欲に脳みそ支配されて…

“「オナニー」の不都合な真実 ” ─ 医者が説かない自慰行為の有害性 ─ あなたがモテないのは “ホルモン異常” が原因だった〜非モテ国家ニッポンへの警鐘

いま、日本人男子のホルモン動態に大きな異変が起きている。まさに日本人はオナニーによって滅亡しようとしている。日本という国家にとって一番の悩みである少子化、非恋愛化、草食化、童貞率の上昇、これらすべて日本人男子の過剰な自慰習慣が原因であると…

非モテ男の渾身の告白は、「大切にするので譲っていただけませんか」というメルカリの意味不明なクソコメと同じ

「女の子は自分の気持ち次第で振り向かせることができる」という思い込みは、非モテ男最大の残念勘違いポイントだ。 「ずっと○○で、俺は○○と思ってて、だから一生大切にするから!!!付き合ってください!!!」みたいな非モテ男の一生を掛けた渾身の告白に…

オンナはなぜ男とのセックスを渋るのか。 〜すべての男たちにとって永遠にして最大の謎に迫る〜

「オンナはなぜ男とのセックスを渋るのか」 きっと人間文明4000年の長きに渡って、すべての男にとって最大の疑問の1つだろう。 女は、なぜヤラセてくれないのか? べつに失うものないじゃん? その謎を解決するために今回我々はアマゾンの奥地よりも蔦が複…

セックス不足に喘いでいる非モテ男が、トレンドのゆるめファッションで「あえてカッコつけない余裕」を演出しても、その「余裕」に説得力がないから、マヌケにしか見えない、という持論。

まずはこの画像を見て欲しい。 左が、日頃セックス出来ている男があえてカッコつけない「余裕」を演出することで婉曲的にカッコよくなっている例。 右は、セックス不足に喘いでいるくせに「別にモテようと思ってない」などとフカしてある意味カッコつけた結…

イタリアにアモーレが溢れているとしたら日本に溢れているのはムッツリーニである。ー 街での「挨拶」の延長にある海外のナンパと、街にコミュニケーションが存在しない日本 ー

こんなツイートを見た。 米 on Twitter: "イタリア旅行で出会った人たち実録(アモーレ溢れすぎ案件) イタリアの人々代打:くるん兄弟… " ■日本には街に会話が存在しない 日本で暮らしているふつうの日本人がこれを読んで感じる、微妙なドラマチック感の正…

人として素敵だと褒められてもなぜかセックスできない人生より、人として最低だと罵られてもなぜかセックスできる人生を歩みたい。

こんなツイートを見た。 “人として素敵だと褒められてもなぜかセックスできない人生より、人として最低だと罵られてもなぜかセックスできる人生を歩みたかったよ。” 2017年現在、世の中は"いい人"で溢れている。SNSの登場により、ホンネとタテマエはこれま…